はアクリル樹脂を発明し、すぐにアクリル絵の具に変わりました。

合成塗料は1940年代に最初に使用され、油と水彩の特性のいくつかを組み合わせました。

水性アクリルバインダーがハウスペイントとして紹介されて間もなく、アーティストや企業は新しいバインダーの可能性を模索し始めました。 水溶性アーティストのアクリル絵の具は、1950年代にリキテックスによって販売され、近代的な高粘度の絵の具が60年代初頭に発売されました。

Soon after the water-based acrylic binders were introduced as house paints, artists and companies alike began to explore the potential of the new binders. Water-soluble artists’ acrylic paints were sold commercially by Liquitex beginning in the 1950s, with modern high-viscosity paints becoming available in the early ’60s.